別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

仕入請求書管理システムをレベルアップ

AP Essentials (旧名称 ReadSoft Online) であらゆる媒体の請求書の取り込みキャプチャー、認識、検証、承認を自動化できます。

概要
概要

企業は今ビジネスを再創造し、プロセスと手順をより分散されたワークフォースへと変化させ、運用コストの削減を綿密に検討しています。イノベーションを実現するためのイニシアチブで共通する部分は、より現代を反映してデジタルを活用し、データ主導型の買掛金処理の機能に急速にシフトすることです。 

Kofax AP Essentials™(旧ReadSoft Online™)は、あらゆる媒体、あらゆるフォーマットの請求書の取り込みと検証を自動化します。これにより、お客様のコスト削減と処理時間の短縮を実現できます。真のマルチテナント型 SaaS ソリューションであるこの仕入請求書管理ソリューションは、専門のクラウド運用チームが 24 時間体制で監視し、最適なパフォーマンスと文書量の大きな増減にも無理なく対応できるよう配慮されています。 

Save time with best-in-class cognitive capture for invoices

業界最高水準のコグニティブ キャプチャーで作業時間を短縮

抽出率の向上による省力化のメリットを享受できます。AI を用いた適応学習により、文書処理のスピードと抽出精度が向上します。

Streamline invoice processing with workflow automation

ワークフローの自動化による請求書処理の効率化

ネイティブワークフローのため、請求書の適切なルート指定、承認ポリシーの徹底、透明性の高い処理実施手順が確保されます。 

Automate invoice processing with flexibility and broad ERP integration

柔軟で広範な ERP 統合による請求書処理の自動化

Kofax AP Essentials には、Basic、Premium、Enterprise という 3 種類のエディションが用意され、ベンダー請求書管理に独自の要件がある場合でも対応可能です。すべてのエディションは、Microsoft D365 Business Central、Microsoft D365 Finance and Operations、Oracle Financial Cloud、Oracle NetSuite、Coupa Spend Management といった統合基幹システムおよび Pay-to-Procure のマーケットリーダーと統合し、シームレスで法令に準拠した請求書処理を実現します。

Experience low TCO and fast ROI

低い総所有コストと迅速な費用対効果

既存のシステムを利用するため、時間の経過と共に価値が下がる高価なハードウェアには一切支出する必要がありません。Kofax AP Essentials では、シンプルな実装、包括的に毎日 24 時間利用できるクラウドベースのサポート、定期的なパフォーマンス監視により、迅速かつ簡単に費用対効果の実現が可能です。

メリット
メリット

Kofax AP Essentials を選ぶ理由

データ精度の向上

高機能認識キャプチャー技術によって抽出された請求書と発注書の情報は、より正確な財務データとエラーリスクの低減を実現します。

強力な分析

あらかじめ組み込まれたダッシュボードは、請求書のステータスや例外を把握し、人の手を介さずに継続的なフィードバックを提供するため、請求書処理のさらなる最適化を実現します。

サイクルタイムの短縮とサプライヤーとの関係強化

迅速でルールに基づいた請求書処理により、早期支払い割引を確保してサプライヤーとの関係を強化しながら、支払遅延金を減らすことが可能になります。

IT 要件の縮小

実装の課題を取り除きます。ハードウェアやソフトウェアへの投資なしで、設定を迅速に終わらせることができます。時間のかかる保守、アップグレード、アップデートについて、一切心配する必要がありません。

特長
特長

Kofax AP Essentials のメリット

インテリジェントな明細抽出

組み込まれている機械学習によって明細抽出が最適化され、請求書の処理を繰り返すごとに精度が向上します。その結果、効率の高い 2 方向(請求書から購買発注)または 3 方向(請求書から購買発注および納入品)の自動明細照合が実現します。

承認ワークフローと総勘定元帳のコード付け

ビジネスルールに基づいた承認および例外ワークフロー(モバイルを含む)は設定可能で、プロセスのスピードを向上させます。ユーザー支援の総勘定元帳のコード付けおよび画像保管によって、エンドツーエンドの請求書自動化を導入する機能が追加されます。

複数言語および複数通貨対応

これは真の多言語ソリューションです。25 年以上にわたって世界中で請求書処理を導入してきた実績に基づき、幅広い請求書作成言語やユーザーインターフェース言語に対応しています。

電子請求書に対応

ファイルが XML でも PDF でも、請求書抽出率を向上し、手作業での検証と電子データの修正を減らします。

マスターと購買発注データの Excel によるインポート

Microsoft Excel を使用して、サプライヤーのマスターデータと購買発注データを Kofax AP Essentials に簡単にインポートして、確認および検証を実施できます。

発注書処理

お客様の発注書をキャプチャー、確認した後に統合基幹システムにエクスポートすることで、効率的かつ正確に注文処理を開始できます。

ソリューションプロバイダー:市場リーチを拡大

貴社のソリューションに請求書抽出などの機能追加をご検討中ですか?Kofax の数多くの OEM パートナーが、Kofax AP Essentials をソリューションの一部として活用しています。さらなる収益拡大を促進するために、統合化と市場開拓の計画を当社の OEM チームがサポートします。

cta banner

お気軽にご相談下さい。

未来の働き方を、今日から