別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

SAP での買掛金処理を自動化するソリューション

Kofax Process Director™ は、SAP 内での財務処理全体を管理するソリューションを提供します。
概要
概要

Kofax ReadSoft Process Director™ は、購入から支払い、受注から回収、記録から報告まで、SAP のあらゆる文書とリクエストに基づいたプロセスを管理する、総合的なソリューションです。SAP 専用に作られ、SAP と完全に統合されます。

Orchestrate multiple SAP processes with one solution

複数の SAP プロセスを 1 つのソリューションでオーケストレーション

Process Director では、関連プロセスの照会、編集、指示を行う単一のポータルが提供され、複数のタスクを迅速かつ効率的に実行できます。SAP Fiori™ ユーザーは、強力な検索機能、ダッシュボードのレポート、イベント追跡を備えた調達管理の次世代 Web 体験をあらゆるデバイスから利用できます。

Get end-to-end process visibility and control

エンドツーエンドのプロセス可視性と制御を実現

SAP での請求書処理の透明性が高いということは、購入から支払い、受注から回収、記録から報告までのプロセス全体にわたって、広く効率を測定し、キャッシュフローをコントロールして、リスクを評価する能力を持つことを意味します。

Simplify invoice processing in SAP for higher productivity

SAP の請求書処理を簡易化して生産性を向上

SAP の中でうまく管理できていないプロセスが、自動化された承認ワークフローと検証で効率化されます。手作業が減るため、スタッフは、付加価値が得られる戦略的なプロジェクトに多くの工数を費やすようになります。

メリット
メリット

Process Director を選ぶ理由

グローバルな電子請求標準への準拠

SAP Ariba Cloud Integration Gateway(CIG)との統合により、税対応する請求書を提供し、キャッシュサイクルにスピーディーな指示を維持します。これにより、事前入力された国固有の電子請求の形式を使用して、自社の請求書処理を世界中のサプライヤーに拡張することができます。また、法律で義務付けられたガイドラインに従って直接ベンダーに支払うことができます。

エラーを早期検出して修正

ReadSoft Process Director は、プロセスの早い段階で問題を解決することで、時間と労力を節約します。SAP のプロセス終盤でエラーを解決するのは(請求処理のやり直しなど)、複雑で時間がかかります。

SAP と非 SAP ユーザーに同じ使いやすさを実現 

直感的な Web インターフェースまたは使い慣れた SAP 環境で操作できます。ユーザーはすぐにこのソリューションに慣れることができ、会社の方針や手続きを遵守できるようになります。

少ない総所有コストで今すぐ使えるソリューション

既存の SAP インフラストラクチャを利用して、SAP に修正を加える必要なく、スピーディーに展開すると同時に、トレーニングとサポートの必要性を最小限に抑えます。

合計処理時間を短縮

早期支払い割引を獲得するチャンスを増やし、短いサイクルタイムでサプライヤーとの関係を強化します。よりスピーディーな処理のメリットは、受注に対する売掛金回転日数(DSO)の短縮、売掛金から現金へのより効率的な変換など、財務サイクル全体にも及びます。

コストと手作業を削減

SAP 標準の複雑で手間のかかる手作業のプロセスを自動化すると、スタッフは、プロセス評価やフォローアップなど、付加価値の高いタスクに集中できます。

特長
特長

Kofax Process Director のメリット

柔軟性の高いユーザーインターフェース

ユーザーは、標準 SAP GUI、Process Director Web App、Mobile(iOS または Android デバイス)、および新しい SAP Fiori User Experience(UX)からシステムとやり取りできます。

電子データ交換(EDI)統合

SAP で Ariba Network 文書などの EDI を自動処理します。エラーのない電子請求書が自動的に転記されます。エラーのある請求書は、<93>ReadSoft<95> Process Director for Accounts Payable™ で転送、確認、処理されます。

電子メール承認

サプライヤーは、電子メールから請求書のステータスを確認できます。ReadSoft Info Mail™ を使用して、サプライヤーからの問い合わせ数を減らし、サプライヤーとの関係を強化します。

モバイル承認

ReadSoft Mobile Approval™ を使用すると、電子メールによる通知で SAP の請求書承認ワークフローにモバイルデバイスからアクセスできます。ReadSoft Work Cycle™ では、未処理請求書の確認、承認、却下、コメントの機能を利用できます。

強固な分析

SAP での継続的なパフォーマンス改善は、完全かつ最新で簡単にアクセスできるレポートと関連情報によって実現されます。ReadSoft Performance Analytics for SAP™ は、SAP Business Warehouse(BW)データをビジネス・インテリジェンスに変えることによって、情報に基づいたビジネス上の意思決定をサポートします。SAP BW を使用していない場合、他の分析ソリューションが提供されます。

サプライヤーのポータル

サプライヤーは当社のセルフサービス方式ポータルである ReadSoft Supplier Portal™ で最新の請求書ステータス情報を確認できます。内部追跡と請求管理も改善され、さらに既存の購買発注や領収書から請求書を直接作成する機能も用意されています。

cta banner

お気軽にご相談下さい。

未来の働き方を、今日から