別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

Kofax システムの運用の健全性を監視、評価、管理

可用性とパフォーマンスの指標をリアルタイムで確認し、重要なドキュメント処理システムのサービスレベルとパフォーマンスを高い水準で維持できます。
概要
概要

複雑なシステムを管理する場合、システムが稼動しているかどうかを把握するだけでは不十分です。リアルタイムの監視と管理によって問題を予防的に解決し、パフォーマンスやベンチマークについての有用なインサイトを獲得して、サービスレベル契約に定められた基準を満たすことができます。Kofax Monitor™ は、サービスレベル指標、過去のフォーマンスデータ、リアルタイムの処理ステータスなどを評価してキャプチャとコミュニケーション・チャネルを管理することで、Kofax ソフトウェアスイートの日常的な運用管理を強化します。Kofax 製品ファミリには統合機能があらかじめ組み込まれており、エージェントの導入も必要ないため、数時間で稼動させることができます。

Ensure the operational health of your entire system

システム全体の運用の健全性を確保

Kofax Monitor は、Kofax TotalAgility®、Kofax Capture™、Kofax Transformation™、Kofax Analytics for Capture™、Kofax VRS Elite™、Kofax Communication Server などのソリューションに関する技術レベルおよびビジネスサービスレベルの情報を既存の IT 運用管理(ITOM)ソリューションに提供することで、補完的な役割を果たします。

Benchmark and optimize processes

プロセスのベンチマークと最適化

包括的で詳細なレポートを通して、サービスレベル契約の基準を満たしていることを証明できます。プロセスのベンチマークを実施し、過去のデータを追跡することで、運用全体で最適なパフォーマンスを実現できます。

Gain critical performance insights

パフォーマンスについての有用なインサイトを獲得

視認性に優れるダッシュボードで、サービスレベルの維持に必要となる運用やアプリケーションに関するインサイトを獲得し、Kofax システムの健全性とパフォーマンスを明確に把握できます。

メリット
メリット

Kofax Monitor を選択する理由

運用をリアルタイムで管理

Kofax Monitor は、Kofax システムのコンポーネントと現在のビジネスサービスの実行可能性の両方に関して、運用情報をリアルタイムで提供します。モジュール処理速度、バッチ処理速度、バッチの例外、ライセンスの使用状況、リモートサイト間の同期の正常性、運用の健全性についてのインサイトなどを含め、運用スループットを全体的に管理できます。

問題の特定と対応を自動化

このソリューションでは、アプリケーションのトラブルシューティングを漫然と行うのではなく、予防的かつ体系的に問題を解決します。ソフトウェアがエラーを検知すると、エラーが発生した時刻、およびエラーの性質が特定され、適切な管理者に情報が渡されます。さらに、サービスやプロセスの再起動や再初期化など、事前に定義された是正措置を実行することもできます。

パフォーマンスのベンチマークと改善

ドキュメント処理システムの高いサービスレベルとピーク時に必要なパフォーマンスを維持するには、運用とアプリケーションに関する問題をリアルタイムで認識して対応することが欠かせません。Kofax Monitor を導入すると、運用のサービスレベルを判断し、アプリケーションパフォーマンスを時系列で追跡できるため、客観的で測定可能な指標に基づきサービスレベル契約の基準を維持できます。

特長
特長

Kofax Monitor のメリット

いつでもどこでも使用できるダッシュボード

技術部門のスタッフでも、技術部門以外のスタッフでも、Windows、iOS、Android の標準ブラウザ、タブレット、スマートフォンを使用して、Kofax Monitor のシステム健全性を参照できます。

通知とエスカレーション

SNMP トラップ、電子メール、テキストメッセージなどの自動通知オプションが用意されており、既存のシステム管理フレームワーク、通知システム、管理者など、様々なレベルでエスカレーションを行うことができます。

パフォーマンス指標のカスタマイズ

ビジネスニーズに合わせてサービスレベルやしきい値を定義し、簡単に情報を可視化できます。

直感的な設定

使いやすいグラフィック環境にあらかじめ用意されているウィザードを使用してプラットフォームを設定し、監視できるので、すぐに導入できます。

システム管理の統合

Kofax Monitor は、最小限の展開作業で、SolarWinds、ServiceNow、HP OpenView、IBM®、Microsoft® SCOM などの既存のトラブルチケットシステムや管理フレームワークと統合できます。

cta banner

お気軽にご相談下さい。

未来の働き方を、今日から