別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

スマートフォンやタブレットが高度なドキュメント・キャプチャ・デバイスに

Kofax Mobile Capture™ SDK は、モバイルアプリでデータのキャプチャを行うモジュールの基盤となり、ドキュメントのキャプチャとデータ抽出を常に 1 回で正確に実行します。
概要
概要

オンラインストアやエンターテイメント企業は、顧客満足を最優先とし、プラットフォームの顧客満足度をいかにして高めることができるか、日々模索を続けています。顧客に優れたモバイル体験を提供することも最優先課題の 1 つです。しかし多くの場合、各企業は複数のモバイル・テクノロジーを管理する面倒な作業に追われています。既存のテクノロジーを総入れ替えすることはほぼ不可能だからです。Kofax Mobile Capture™ SDK なら、1 つのプラットフォームであらゆるチャネルからデータを取り込むことができるため、様々なソリューションをこの SDK に置き換えたり、この SDK で補うことで、顧客の好みのチャネルで満足度の高いエンゲージメントを実現できます。

Ensure high-quality images and accurate data extraction

高画質な画像と正確なデータ抽出

大きさや寸法を問わず、あらゆるドキュメントをキャプチャし、正確にデータを読み取ります。Mobile ID に搭載のオンデバイス光学式文字認識(OCR)テクノロジーにより、ネットワークやサーバーの遅延を生じることなく、リアルタイムでデータを抽出できます。また、特許取得済みの画像処理テクノロジーが、優れた画質を生成します。

Deliver real-time customer engagement

リアルタイムの顧客エンゲージメントを実現

情報を伝えるだけではなく相互にやり取りするコミュニケーションで、顧客満足度を向上させます。シンプルでセキュアなリアルタイムの顧客エンゲージメントを実現するとともに、顧客の好みのチャネルを通してさらに多くのサービスを提供できます。

Maintain full operational visibility

業務全体を常に可視化

顧客体験を最適化し、適切なチャネルでのエンゲージメントを実現するとともに、高度な分析機能を提供します。インタラクティブなダッシュボードのデータやドリルダウン機能を駆使して、モバイルキャプチャ・ソリューションの効果を追跡し、分析できます。

メリット
メリット

Kofax Mobile Capture SDK を選ぶ理由

市場をリードする画像処理テクノロジー

あらゆるサイズのドキュメントのキャプチャ、処理に最適な形式への変換、使用に適した形式への正規化、プロセスの自動化に向けたデータの正確な抽出といったあらゆる処理を、使いやすいモバイルアプリで実行できます。

パフォーマンスに関する実用的なインサイトを獲得

高度なモバイル分析機能により、ユーザー、デバイス、ドキュメントの精度とパフォーマンスに関する実用的なインサイトを獲得できます。この情報を、顧客体験の最適化と適切なチャネルによるサービス提供に向けた改善に活かすことができます。

プロセスのあらゆるステップを自由に制御

このオープンなプラットフォームには豊富なカスタマイズ機能が用意されているので、変化の激しい環境でも顧客のニーズに応えることができます。画像処理、データの分類と抽出、検証、ビジネスルール、例外処理などを自由に制御できます。

新しいユースケースに拡張して市場投入までの時間を短縮

請求書の支払いやリモート預金、顧客オンボーディング、住宅ローンの組成など、あらゆる顧客エンゲージメント・ソリューションを単一のプラットフォームで構築し、展開できます。これらのアプリケーションを自社の情報システムに転用して、プロセスのパフォーマンス改善とデータのキャプチャ処理の円滑化を実現し、市場投入までの時間を短縮することもできます。

特長
特長

Kofax Mobile Capture SDK のメリット

リアルタイムのデータ抽出

ドキュメントからデータを抽出して検証し、ユーザーに提供するまでを、ほぼリアルタイムで行えます。構造化されたフォームから、顧客との連絡といった非構造化情報まで、様々なコンテンツ処理方法を使用して、140 を超える言語のドキュメントからデータを抽出できます。

カスタマイズ可能なビデオキャプチャ

顧客のデバイスのビデオフィードを利用して、ぼけ、ぶれ、ずれなどの問題のない画像を自動的にキャプチャできます(ビデオキャプチャは、標準的な写真モードとは別に用意されているオプションです)。アプリの使い勝手を良くするために、ビデオキャプチャをカスタマイズすることもできます。

高度な分析によるインサイト

パフォーマンスの大きな上昇や下降、ボトルネック、チャネル(モバイル、ファックスなど)ごとのドキュメントのコストなど、数え切れないほど多くの指標に関するインサイトをダッシュボードからリアルタイムで得られるため、改善やその他の重要な修正を迅速に行えます。

高品質な画像処理

ドキュメントをキャプチャした後は、特許取得済みの Virtual ReScan(VRS)テクノロジーを使用して、画像を読み取りやすい形式に整える、歪みを修正する、画像サイズを縮小するなどの仕上げを実行できます。VRS でデータ抽出にもネットワーク送信にも最適な画像が生成されるため、ほぼリアルタイムのサービス提供が可能になります。

柔軟なファイルサイズ

Mobile SDK または HTML5 の画像コントロール内で直接小さいサイズのファイルを生成できるので、サーバーへの送信時間を大幅に短縮できます。

cta banner

お気軽にご相談下さい。

未来の働き方を、今日から