別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

Oracle E-Business Suite での買掛金処理を自動化するソリューション

Kofax MarkView® を使用して、すべての買掛金処理を簡単かつ効率的に管理します。
概要
概要
Kofax MarkView® は、ドキュメント・インテリジェンス、強固なワークフロー機能、統合基幹システムをまとめて組み合わせ、Oracle E-Business Suite 内で実行される買掛金処理に変革をもたらします。
Reduce invoice cycle times and improve productivity

請求書サイクルを短縮して生産性を向上

即時支払いによって早期支払い割引を可能にし、延滞金をなくして、二重支払いを削減します。Oracle Validation Interface に認定されたソリューションがOracle EBS とシームレスに統合し、従来まで請求書のコード作成や検証、承認サイクルに費やしてきた労力を削減します。

Enable secure, mobile AP automation

モバイルでのセキュアな買掛金処理の自動化を実現

対応スピードを向上し、請求書処理にかかる時間を短縮して、場所を問わずにほぼどこからでも買掛金処理を管理できます。Kofax Mobile Capture® と統合することで、社内および社外にいるユーザーが情報へセキュアにアクセスでき、請求書、領収書、その他の関連文書のキャプチャと処理に必要な機能を利用できるようになります。請求書の確認、不一致の解決、承認には、モバイルからのアクセスも可能です。

Easily integrate people and processes

人とプロセスを容易に統合

MarkView は、あらゆる種類の媒体(紙、EDI、電子請求など)に一貫性のある単一のビジネスプロセスを提供し、すべてのユーザーロール、ロケーション、運用モデルをカバーします。Web 対応で使いやすく、買掛金処理の担当部門から、事業部門のマネージャーやサプライヤーまで容易に拡大できるため、承認プロセスの効率アップにつながります。

メリット
メリット

Kofax MarkView® を選ぶ理由

買掛金処理を見直して効率とサービスレベルを最大化

手作業での請求書処理は時間がかかり退屈なうえに、ミスも発生しやすくなります。お使いの Oracle EBS アプリケーションと Kofax MarkView® を統合することで、買掛金処理の請求書作成とマネージャー承認に費やす時間を削減できます。その結果、知識豊富な従業員の時間を節約し、データ分析、顧客サービス、問い合わせの対応といった、戦略的な業務に集中させることができます。

データ品質と安全性を向上

買掛金処理を自動化することで、従業員が機密データを扱う必要性が減り、その結果、安全性が向上してミスが減少します。抽出データを処理して承認サイクルに送る前に、強力なデータ検証機能によってデータの正確性が確認されます。これにより、処理の例外と支払いに関わる問題を減らすことができます。

買掛金処理の評価と分析による継続的な改善

Kofax Analytics for MarkView® を導入すると、問題と処理の障害を検知して解決することが容易になります。リアルタイムのデータにアクセスして、請求書や明細ごとのコストといったベンチマークを追跡することで、継続的な改善を実施します。

請求書処理のコストを半減

調査では、請求書処理の自動化によって請求書に関わるコストを 5 割から 8 割も削減できると報告されています。伝票入力とデータ抽出を手作業で行う必要がなくなるため、Oracle 向け Kofax MarkView® を使用することで運用コストの削減につながります。

サプライヤーとのコミュニケーションを強化して時間を節約

ベンダーとサプライヤーはセルフサービス方式のサプライヤーポータルを利用できるため、バイヤーとサプライヤーの間のコミュニケーションを強化しながら、サポートにかかってくる電話の件数を減らすことができます。

特長
特長

Kofax MarkView のメリット

高性能な請求書キャプチャ

業界をリードするマルチチャネル・キャプチャによって、請求書のキャプチャ、データ抽出、Oracle EBS への送信を自動で行います。請求書の形式(PDF、スキャン、電子メール、電子請求書)を気にする必要はありません。

HTML5 ベースのユーザー体験

MarkView 10.0 ではユーザーの Web 操作すべてに HTML5 が採用され、生産性だけでなく、総合的なユーザー満足度も向上しています。

モバイルアクセス

MarkView は移動中や外出先での作業を可能にします。スマートフォン、コンピュータ、対応するモバイル端末から、請求書を承認したり、コメントをもらうために文書をワークフローに乗せることができます。

統合分析

優れたレポートにより請求書処理に関する情報を得ることができ、情報に基づいた意思決定につながります。

サプライヤーとのやり取り

サプライヤーは、統合されたセルフサービスの Web ポータルを使って、請求書の提出や状況の確認を行うことができます。

cta banner

お気軽にご相談下さい。

未来の働き方を、今日から