別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

小切手詐欺を防止し、リアルタイムでリスクを軽減

リアルタイム検出機能で金融機関の最前線を守る Kofax FraudOne®
概要
概要

小切手の発行枚数や利用頻度は減少する一方で、小切手詐欺は増え続けています。Kofax のリアルタイム不正検出ソフトウェアは、不正な小切手を検知し、金融機関の損失を低減します。単純な小切手決済方法では、小切手の法的および名目上の限度額のみを検証するためにリスク評価の精度が低く、誤検知が多くなりますが、Kofax FraudOne は独自の不正評価エンジンを他の検証エンジンと組み合わせることで、複雑な不正行為を検出する精度を高め、危険を軽減できます。

fraudone-chart
Improve Check Fraud Prevention with a Robust Combined Risk Score

確実性の高い複合リスクスコアで小切手詐欺防止効果を向上

高度な評価エンジンを備える FraudOne を様々な検証エンジンと組み合わせることで、確実性の高い複合リスクスコアを使用して不正防止効果を強化できます。

Minimize Exposure through Flexible Fraud Detection Methods

詐欺検出方法の柔軟性を高めて危険を最小化

モバイルデバイス経由のリモート預金など、金融機関の提供する取引手段の進化に合わせ、キャプチャ時点や決済プロセスに利用できる、柔軟性に優れた詐欺検出方法を活用できます。

Reduce Costly Manual Inspections of False Positives

手作業による誤検知後の確認コストを削減

疑わしい項目と有効な項目を区別するソリューションを使用して、時間とコストのかかる手作業の誤検知確認作業を低減します。従業員の不正分析作業を、真に疑わしい場合のみに限定できます。

メリット
メリット

Kofax FraudOne を選択する理由

顧客サービスと顧客ロイヤルティを向上

FraudOne があれば、窓口、ATM、オンラインバンキングでの小切手詐欺を低減できます。顧客は、署名の偽造、小切手の改ざん、詐欺行為による矛盾から顧客を守る金融機関であるという裏付けの下、安心して取引を継続できます。

生産性の向上と小切手処理の迅速化

疑わしい小切手を短時間で特定し、高額なものだけではなく<51>すべての小切手を高精度で検査します。

詐欺の検出と防止手段に関するインサイトを獲得

用意されているレポートダッシュボードで、不正の脅威と検出成功指標を迅速に評価できます。標準レポートの変更や、カスタムダッシュボードの作成を通して、分析をカスタマイズできます。

特長
特長

Kofax FraudOne のメリット:

複合リスクスコアエンジン

FraudOne は、参照用署名、保有する小切手の画像、その他の口座情報によって継続的に更新される、強力なデータベースを活用します。また、標準レポートを拡張して、Kofax Insight™ を完全に実装した独自のダッシュボードを作成することもできます。

要件ごとにカスタマイズ可能

署名の検証、保有する小切手、複合リスクスコアエンジンなどの機能を、導入後すぐに利用できます。ルールセットのカスタマイズや、任意の検証エンジンの追加も可能。事前承認を受けた小切手の検出や、受取人行、日付行のチェックを実行できます。

エンタープライズシステムの統合

既存のフレームワークに FraudOne を組み込むことで、詐欺の検出や防止を強化できます。任意の数の外部システムを入力データとして使用すれば、複合リスクスコアの精度を向上できます。

多数の導入オプション

モバイルデバイス、画像対応 ATM、窓口を経由する自社小切手の入金に対し、小切手詐欺の自動検出機能を実行できます。

電子署名キャプチャ

Kofax SignDoc® で、署名参照データベースのキャプチャと入力が可能。窓口でタブレットからキャプチャした手書きの署名でデータベースを更新できます。

レポートダッシュボード

組み込み済みのダッシュボードから、不正の脅威や不正検出指標の概要にすばやくアクセスできます。

ユースケース
ユースケース
  • 偽造小切手 - Kofax FraudOne は、複雑な詐欺スキームをより正確に検出し、手間や時間のかかる手作業による検査を最小限に抑える、高度な詐欺スコアリング・エンジンを使用して、偽造小切手に対抗します。
  • 署名の偽造 - Kofax FraudOne では、複数の検証エンジンを組み合わせてより強固な複合リスクスコアを確立できます。この複合リスクスコアで、署名の不規則性や差違など、詐欺行為を示唆する様々な要素を評価することで、偽造署名に対抗します。
  • 小切手の改ざん - Kofax FraudOne は、CAR/LAR ミスマッチとして知られる、数字で記入された金額(名目上の限度額)と印刷行に記入された金額(法定の限度額)の不一致を特定できます。
cta banner

お気軽にご相談下さい。

未来の働き方を、今日から