別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

人、アプリ、デバイス間の情報交換の信頼性を確保

Kofax Communication Server は、インバウンドとアウトバウンドの通信チャネルを統合することで、情報交換を自動化します。
概要
概要

顧客やパートナー企業に最適な形式で、信頼性と安全性に優れた情報交換を実現します。Kofax Communication Server は、コンプライアンスを目的としたインテリジェントなルーティングとトラッキングを採用しており、様々なシステムとシームレスに統合します。基幹プロセスを高速化および最適化しながら、インフラストラクチャを合理化してコストを削減することができます。未来の働き方を、今日から実現しましょう。

Reduce administrative costs by consolidating your infrastructure

インフラストラクチャ統合による管理コストの削減

信頼性と拡張性に優れる通信プラットフォームが、プリンタ、スキャナ、FAX、多機能周辺機器(MFP)、独立した FAX サーバーなどの IT インフラストラクチャを合理化。管理タスクの実行や他のアプリケーションとの接続を一元的に行うことで、コストを削減できます。

Speed processes by minimizing manual intervention

手作業を最小限に抑えてプロセスを加速

FAX、電子メール、SMS、MMS、ボイスメールによるメッセージの送受信をビジネスアプリケーション経由で迅速かつ効率的に行うことで、手作業のプロセスを削減し、通信の遅延をなくします。

Ensure compliance through communication tracking

通信トラッキングによるコンプライアンスの確保

Sarbanes-Oxley、HIPAA、Basel ll などの規制に関する指令に従って、関連する通信イベントとシステムにアクセスした ID をすべて追跡。あらゆるメッセージを一元管理することで、保管や保持に関わる法的要件の遵守を徹底できます。

メリット
メリット

Kofax Communication Server を選択する理由

拡張性に優れるプラットフォームで総所有コストを削減

信頼性と拡張性に優れる通信プラットフォームを活用することで、コストを削減できます。Kofax Communication Server は、高い柔軟性を備えるオープンなインターフェイスと開発者 API を搭載。通信の自動化に対する需要の高まりに応えるこのソリューションは、非標準アプリケーションを統合して費用対効果を向上します。

電子ドキュメント配信の安全性を確保

電子メールを暗号化するセキュアな(SSL)サーバー上のストレージを活用するため、複雑なインフラストラクチャを構築する必要はありません。安全なドキュメント配信(SDD)機能により、すべての紙の文書(FAX を含む)を電子メールで送信でき、法的要件への準拠が実現します。

あらゆる情報を統合して ERP の有効性を最大化

FAX、SMS、電子メール、ボイスメールのメッセージなど、すべての情報を ERP システムに自動的に統合。ユーザーや他のシステムに通信を処理して送信することで、ERP の潜在能力を最大限に活用できます。

特長
特長

Kofax Communication Server のメリット:

統合され一元化されたインフラストラクチャ

プリンタ、スキャナ、FAX、MFP、FAX サーバーを統合することで、すべての管理タスクを効率的に処理し、他のアプリケーションとの接続を一元化します。

信頼性の高い通信

耐障害性に優れるアーキテクチャと独自の通知システムにより、個々のコンポーネントに障害が発生しても、確認済みのメッセージが失われることはありません。

卓越したパフォーマンス/リソース比

必要なサーバー数を削減することで、管理作業、ハードウェアおよびネットワークのリソースやラックスペースを抑制。すべてのサーバー・コンポーネントを仮想マシンで実行できるため、広いスペースも不要です。

オープン・アーキテクチャ

MFP、FAX、アナログ電話、IP 電話など、ほぼすべての物理デバイスを統合できます。オープン・インターフェイスと開発者 API により、非標準アプリケーションの統合も可能です。

メンテナンスの手間の削減

アーキテクチャを一元管理できるため、特に分散環境での管理コストを削減できます。

導入が簡単

ユーザーのデスクトップに新しいアプリケーションを追加することなく、ほぼすべての標準的な電子メール環境やアプリケーションに統合できます。ユーザーは、Microsoft Outlook などの電子メールプラットフォームから FAX、SMS、電子メール、またはボイスメールのメッセージを送信できます。