別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

E ブック

財務・会計プロセス上のギャップに注意する:RPA を活用して12のギャップを埋める

お客様のビジネスプロセスの自動化の達成率が 10 %であっても 90 % であっても、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を活用すれば財務及び会計プロセス上にまたがるギャップを埋めて、アクションへつなげることができます。RPA は、財務・会計プロセス・オートメーション(FPA)の最適化とその精度を次の段階に引き上げるための重要なテクノロジとして利用されています。FPA ソリューションでは、ERP と連携することでオートメーション化を実現できますが、膨大な手作業が発生し、担当者には多大な負担となる場合があります。RPA は、財務・会計プロセスにおいて、次のような高い価値をもたらすオートメーション化を実現します。

  • ポータルからの問い合わせや価格比較など、調達から支払いまでの課題を解決する
  • サプライヤ価格の比較と配送情報の照合により、見積りから回収までのプロセスに見られるギャップを管理する
  • 顧客とサプライヤを迅速かつ正確に検証し、スムーズなオンボーディングを実現する
  • 決算と報告の要件にデータ抽出で対応する

RPA を活用して財務・会計上のプロセスに存在するギャップを把握し、プロセスを自動化しましょう。「財務・会計プロセス上のギャップに注意する:RPA を活用して12のギャップを埋める」の eBook をダウンロードして、改善の機会を見つけて下さい。

以下すべての項目を入力し、
「送信」ボタンを押して下さい。

このフォームを送信することにより、Kofax の利用規約および個人情報保護方針に同意したことになります。*