別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

PDF ドキュメントの編集方法

強力なソフトウェアで PDF ファイルを編集

過去を振り返ると、PDF ドキュメントは作成と共有が容易なことで、ビジネスの場における主要なツールとしての役割を獲得しました。現在、ほとんどすべての企業がクライアントとのやり取りや、情報の記録に PDF を使用していますが、PDF の編集に課題を抱える企業は少なくありません。一般的な回避策としては、変更が必要になる度に別の種類のドキュメントを編集し、それをスキャンまたは変換して PDF ファイルを作成する方法があります。この処理には時間がかかり、各ドキュメントに複数のコピーができてしまうために混乱が生じます。Kofax は、なぜ PDF ドキュメントの編集が困難なのか、そしてその課題を解決するためのツールがあるのか、という 2 つの疑問に答えます。

PDF ドキュメントの編集を妨げるもの

一般的に PDF の編集が難しい理由は、PDF がどのオペレーティング・システムを使用しているコンピュータでも表示できるようにするための画像ファイルであるためです。PDF が 1990 年代に初めて設計された頃は、Windows ベースのコンピュータが圧倒的に普及しており、Apple の Macintosh コンピュータは明らかに少数派で、特にアーティストやグラフィックデザイナーの間で人気がありました。この棲み分けにより、多くのファイル形式が両方のオペレーティング・システムでは機能しなかったため、企業、学校、官公庁で問題が発生しました。

Adobe は PDF を使用してこのギャップを解消するため、PDF リーダーに各オペレーティング・システム用のバージョンを作成しました。これにより、任意のコンピュータでドキュメントを読み取る際の問題は解消されましたが、ドキュメントの編集方法が制限されるという新たな課題が生まれました。当初、PDF を編集できるものは、Photoshop や Illustrator などの Adobe プログラムだけでした。これらのプログラムには多くの機能が詰め込まれていましたが、Microsoft Word などのワードプロセッサに比べると、ビジネス文書では扱いにくいインターフェイスでした。PDF は画像ファイルであるため、Office スイートでは画像としての使用に限られ、PDF に含まれるテキストは操作できません。この制限は、光学式文字認識(OCR)ソフトウェアがないことによるものです。

PDF ファイルの編集問題を克服する

現在、個人も企業も、この両方の問題を解決するテクノロジーを利用できます。PDF はもはや単独の企業が独占するテクノロジーではありません。今やビジネス・スタンダードであり、多くの企業が PDF と連動するソフトウェアを開発しています。他の企業も高度な OCR テクノロジーを開発しており、紙面の画像をワードプロセッサで使用できるものに変換するには不可欠です。

こうしたテクノロジーにより、PDF ドキュメントを様々な方法で簡単に編集できるようになりました。他のユーザーが情報を入力できる領域を指定することで、PDF ドキュメントを入力可能なフォームにすることができます。企業は機密情報を編集したり、不要なページを削除したり、複数の PDF ドキュメントを 1 つの大きなドキュメントにまとめたりすることが可能です。PDF ファイルを Word ドキュメントのように検索して、特定のテキストブロックやテキストパターンを検出して編集することもできます。

PDF ドキュメントの編集に役立つツール

すべてのプログラムで PDF を簡単に編集できるわけではありません。Power PDF は、ビジネスや教育の場で PDF ファイルを表示、編集、共有するのに最適です。このプログラムは、Microsoft Office 製品に簡単に統合でき、初めてのユーザーでも直感的に使用できます。上記の強力な機能に加えて、PDF への不正アクセスを防止する多数のセキュリティオプションが含まれています。つまり、PDF を編集する最良の方法は Power PDF を使用することです。

cta banner

最適な Power PDF ソリューションを見つけましょう

最適な PDF ソリューションを見つけましょう