別のブラウザをお使い下さい。

お客様がご使用されているブラウザは、本ウェブサイトとの互換性がありません。最適な表示体験をして頂くためにもMicrosoft Edgeへアップグレード頂くか、もしくは別のブラウザで本ウェブサイトをご覧下さい。

本ブラウザを使用し続けると、コンテンツと機能が制限されます。

プレス・リリース

JIECとKofax Japan、RPAとデジタルトランスフォーメーションの 提供におけるセールス・パートナー契約を締結

SAP®ソフトウェアユーザへ向けたRPAソリューション提供で協業

株式会社JIEC(本社:東京都新宿区、以下「JIEC」)とKofax Japan株式会社(本社:東京都港区、以下「Kofax」)はセールス・パートナー契約を締結し、JIECの顧客へ向けたKofaxのRPA (ロボティック・プロセス・オートメーション) およびデジタルトランスフォーメーションに関するソリューションの提供を開始しました。これにより、JIECが豊富な実績を持つSAP®ソフトウェアユーザ向けの業務の自動化が加速されます。

金融・旅行・運輸・通信などの企業に情報システムの提供を行うJIEC は、1995年以来SAPジャパン株式会社のパートナーとして様々なSAPソフトウェアユーザ向けビジネスを展開しています。多くの企業において、未だ多くの業務プロセスが手入力でおこなわれています。こうしたなか、企業内における更なる生産性向上への対応策として、RPAの導入ニーズが高まっています。

このたびのセールス・パートナー契約の締結により、KofaxのRPAソリューションであるKofax KapowとKofax TotalAgilityのJIECでの取り扱いが開始され、SAPの購買管理業務における手入力の削減など、効率化が可能になります。

KofaxのCEO(最高経営責任者)であるレイノルズ・C・ビッシュ(Reynolds C. Bish)は次のように述べています。「Kofaxのプラットフォームは、増加の一途をたどる、より効率的なプロセス・オートメーションへのニーズに対し、最適なソリューションであると言えます。当社はアジア・パシフィック全域においてRPA、AI、ディープラーニングなどのテクノロジーの提供を通し、幅広いデジタルトランスフォーメーションの導入の加速化に注力しています。今回のJIEC様とのパートナーシップの締結は、そうしたコミットメントを具現化するものであり、SAPユーザに対する実績を持つJIECとの提携を通じてより幅広く弊社のソリューションを提供できることを嬉しく思います。」

JIECの代表取締役社長である印南淳は次のように述べています。「この度、Kofax Japan様とのセールス・パートナー契約締結を発表できることを非常に嬉しく思っています。KofaxのRPAソリューションに当社が経験豊富なSAPビジネスで培ってきたノウハウを組み込むことで、SAPソフトウェアユーザの業務プロセス自動化を推進していきます。」

Kofax Kapowについて

Kapowは、フロントオフィスとバックオフィスのオペレーションにおける人的プロセスおよび情報集約的プロセスを幅広く自動化、そしてデジタル変換します。AIを使用してマシンラーニングを継続的に改善しながら、人間の行動を模倣したスマートなロボットを開発/導入することが可能です。Kapowのロボットは、デスクトップソフトウェアをはじめ、既存のエンタープライズおよびブラウザベースのシステムとWebサイトをシームレスに行き来してデータを集約し、実行可能な情報への変換、レスポンスのトリガー、そして他のアプリケーションとの通信をおこないます。

Kofax TotalAgilityについて

新規保険契約者のオンボーディング、保険請求の処理、サービスのプロビジョニングなどの重要なタッチポイントをデジタル化することにより、TotalAgilityプラットフォームはカスタマージャーニーを成功に導き、よりスムーズなエクスペリエンスと高い顧客ロイヤルティを提供します。TotalAgilityには、オムニチャネル情報キャプチャ、ビジネス・プロセスの自動化、ロボットによる業務の自動化(RPA)、分析、カスタマーコミュニケーションの管理、電子署名など、迅速な導入が可能な様々な機能が含まれています。

※KofaxおよびKofaxロゴはKofax登録商標です。SAPはSAP SEの登録商標です。
※その他の名称ならびにブランドは他社の登録商標または商標の可能性があります。


Kofax について

Kofax のテクノロジーで実現する企業組織の「Work Like Tomorrow™(未来の働き方を、今日から)」Kofax のインテリジェント・オートメーション・ソフトウェア・プラットフォームは、情報集約型のビジネス・プロセスの変革、手作業とエラーの削減、コストの最小化、顧客エンゲージメントの向上を支援します。RPA、コグニティブ・キャプチャ、プロセス・オーケストレーション、モビリティとエンゲージメント、分析を一つのプラットフォームで統合することでお客様の実装時の負担をなくし、コンプライアンス・リスク面も軽減することで、お客様の競争力、成長、収益性を向上させる劇的な結果をもたらします。詳細については、www.kofax.jp をご覧ください。

報道関係者のお問い合わせ先:

Kofax, Inc.
Public Relations Director
Amanda Ingalls
MediaRelations@kofax.com