Model.ShowBackToRefferer = false

昨今では、すべての企業が業務のあらゆる面をデジタル化およびオートメーション化しなければならないという大きなプレッシャーにさらされています。しかし、システム、Web サイト、ポータルからの情報収集、情報確認、情報入力といった、重要なビジネスプロセスを手動で行っている企業はまだ多く存在します。繰り返し発生する修正作業では、従業員が複数のシステムでログイン/ログアウトし、ソースや形式の異なるデータをコピーアンドペーストする必要があるため、生産性が下がるうえに業務効率が低下します。

Kofax RPAでは、プログラミング作業をしなくても、Web サイト、ポータル、デスクトップアプリケーション、エンタープライズシステムなど、ほぼすべてのアプリケーションやデータソースから極めてスピーディーかつ効率的に情報を取得し、そして情報量の向上させた上で関係者に配信することができます。

従業員と密接に作業するデジタル・ワークフォースを配置することで業務効率化が劇的に向上し、またデータ関連の手作業をほぼすべて解消することができます。これまで取得や利用することが難しかったり、その収集と処理に時間がかかったりしていた情報も、今では瞬時に取得して生産性、意思決定、顧客体験の改善のために容易に利用することができます。

ソフトウェアロボットで重要なビジネスプロセス作業をオートメーション化

忙しいワークフォースの時間を取り戻し、繰り返される手作業から従業員を解放することで、人間でなければ行えない付加価値の高い作業に従業員のスキルを活かすことができます。アプリケーションや他のデータソースでユーザーが行っているタスクをソフトウェアロボットでオートメーション化すれば、従業員は生産性を上げながらより戦略的な仕事に集中できます。

外部ソースと内部ソースの情報を簡単に統合

Web サイト、ポータル、エンタープライズアプリケーションのデータを自動的に取得し統合することで、デジタルコンテンツの処理は合理化されます。そして、意思決定に役立つより高品質なインサイトが得られます。Web、Windows メインフレーム、Windows、Java、メインフレームなどあらゆる種類のアプリケーション環境がサポートされます。

開発期間を短縮してビジネスのスピードに対応

プログラミング作業や数ヵ月におよぶ開発を行うことなく、ビジネスのニーズと優先順位の変化に合わせて新しいプロセス作業にソフトウェアロボットを展開できます。ビジネスの中核となっているプラットフォームを丸ごと交換したり、プロセスを再構築したりすることなく、たった数日または数週間でオートメーション化を構築し、展開することができます。

RPA の詳細をご覧ください。

お問い合わせ先

関連コンテンツ

名称を Kapow から Kofax RPA に変更

過去数年にわたり、当社の RPA 製品は Kapow という名称で親しまれてきました。お客様に親しまれた名称でしたが、製品の特長は十分には伝わっていませんでした。また、当社がオートメーション化を実現する企業であることを業界に浸透させているのは「Kofax」という名称である事実も踏まえました。

データシートを見る