Model.ShowBackToRefferer = false

統一された設計環境

ロボット・オートメーション・ワークフローの構築時に、単一のロボット設計スタジオを活用して、リアルタイムでアプリケーション、スクリーンエリア、オブジェクトを視覚的に確認できます。

コグニティブ・ドキュメント・オートメーション

コグニティブ・ドキュメント・オートメーションでは、AI ベースの強力なコグニティブインテリジェンスを適用して、非構造化ドキュメントデータを学習、処理、分類します。Kofax の機械学習を活用した分析をすることで、複雑なドキュメント処理から推測を排除し、変化し続けるコンテンツ重視プロセスに動的に適応します。

組み込み分析とプロセスインテリジェンス

すぐに使えるダッシュボードでロボットオペレーションとシステムパフォーマンスを把握します。ダッシュボードをカスタマイズして、従業員の生産性やその他の重要なプロセス要素を分析できます。さらに、トレンドを特定し、長期的にプロセスを改善することも可能です。

ロボットの展開と管理を一元化

集中管理サーバーからロボットを展開、管理、実行し、仮想環境で実行されているアプリケーションと通信します。複数のロボットを同時に実行することで、高いパフォーマンスと拡張性を実現できます。

柔軟性と拡張性に優れた展開

ステートレスなマルチスレッドアーキテクチャで簡単に拡張でき、オンプレミスの企業環境に導入することも、クラウドにプロビジョニングすることも可能です。

ロボットライフサイクル管理

Git バージョン管理システム(VCS)に基づく業界標準を統合することで、RPA ロボットが多数ある場合でもエンタープライズ規模でRPA ロボットを展開する場合でも管理可能です。VCS を活用して、RPA ロボット、スニペット、リソース、スケジュールだけでなく、異なるソース管理リポジトリ(開発、テスト、本番の各環境など)の同期も管理します。

プロセスディスカバリーのオートメーション化

プロセスディスカバリーをオートメーション化することで、デスクトップからの人とのやりとりや、社内外の複数のビジネスアプリケーション/参照サイトなど、対象のビジネスプロセス、アプリケーション、操作を記録、マッピング、分析します。これにより、既存のプロセスとタスクに関するインサイトを得て、RPA ロボットで代替できる繰り返し作業を特定します。

さまざまなデータソースとデータタイプ

Web サイト、ポータル、エンタープライズシステム、レガシーアプリケーション、PDF、Excel、電子メール、XML、JSON、CSV、SQL などあらゆる種類のアプリケーション環境とデータソースをサポートしています。

インテリジェント・スクリーン・オートメーション

ロボットを使って画面の画像をキャプチャし、Citrix などのアプリケーション環境でラベル、ボタン、テキストボックスといった UI 要素の位置と内容を動的に特定します。

拡張性の高いプラットフォーム

標準的な Java、.NET、SOAP、RESTful のインターフェイスで自動的にロボットを実行します。これにより、外部アプリケーションやリモートシステムからロボティック・プロセスを管理できます。

統合型の Web ブラウザーエンジン

Web アプリケーションのオートメーション化を高いレベルで実現し、サーバー上で複数のロボットを同時に実行します。複数の仮想デスクトップを起動したり、ブラウザー(Internet Explorer など)を実行したりする必要はありません。

ロボットを活用したマイクロアプリ

Kofax RPA Kapplet と呼ばれる手軽なビジネスアプリケーションを使って、指定のパラメーターに基づいてロボットを実行したり、データをビジネスユーザーに返したりすることができます。

関連コンテンツ