Model.ShowBackToRefferer = false

Kofax インテリジェント・オートメーション
プラットフォーム

テクノロジーをより緊密に統合することで、顧客エンゲージメントの向上、オペレーショナルエクセレンスの推進、キャパシティの拡大を実現する市場のニーズから生まれたのが、Kofax インテリジェント・オートメーション・プラットフォームです。 ワークフロー以外のオートメーション化、人工知能(AI)、そして最高クラスのマーケットプレイスエコシステムの組み合わせが、まるで人体の結合組織のように機能して、ビジネス運用全体の大規模なデジタル変革を可能にします。

Kofax のインテリジェント・オートメーションは、機械学習を活用して構造化データと非構造化データを実用的なインサイトに変え、内蔵された AI で人、コンテンツ、コンテキストをスマートに認識します。 こうして生まれるのが、デジタル・ワークフォースと人が力を合わせた強力なトータル・ワークフォースです。これにより、複数の異なるポイントソリューションに労力やコストをかける必要がなくなります。 総所有コストの削減、手作業やエラーの減少といったメリットもあり、ワークフォースの生産性を向上させながら、顧客エンゲージメントを高めることができます。 インテリジェント・オートメーション・プラットフォームは、オープンアーキテクチャであるため、変革の取り組みに合わせてカスタマイズし、自社のペースでプラットフォームの機能を導入し、拡張できます。

デジタル変革をどう進めるかは企業によって異なります。 Kofax のインテリジェント・オートメーションは、あらゆる企業のデジタル変革を支えます。

自然言語処理

Kofax のインテリジェント・オートメーションでは、自然言語処理(NLP)などの AI テクノロジーを活用しています。 センチメント分析とエンティティ抽出により、顧客および従業員のエンゲージメントとロイヤルティを高められます。また、ソーシャルメディア、チャットボットの会話、電子メールから上がってくる声や意見に対してより深いインサイトを獲得し、意図を深く理解して意思決定を強化することができます。


エンティティ抽出

エンティティ抽出では、NLP テクノロジーと周囲のテキストの文脈データから収集した情報を分析することで、テキストに参照されるエンティティを自動的かつ高い精度で判断します。 例えば、「ジャガー」という単語が出現したときに、それが動物と車のどちらを指しているかを判断します。

センチメント分析

センチメント分析では、他の NLP アルゴリズムと組み合わせて、企業の製品やサービス、所在地、広告だけでなく競合他社にいたるまで幅広いトピックに関する顧客の意見を明確にします。 センチメント分析は、短期間で結果を出すものではなく、長期的に行うことで価値をもたらします。

データ抽出

NLP と機械学習の併用により、特定のデータを見つけ、その有効性を確認したうえでデータを抽出し、データセットに変換したり、ビジネスアプリケーションに取り込んだりします。 時間が経つにつれて、このプロセスは「学習」を重ね、ビジネスプロセスに役立つデータをより正確かつ効率的に抽出するようになります。




インテリジェント・オートメーション

Kofax のインテリジェント・オートメーションでは、相互運用可能な 5 つのテクノロジーを柔軟性の高い単一プラットフォームで提供します。複数ベンダーのテクノロジー、調達、関係の管理に労力やコストをかける必要がなくなります。「未来の働き方を、今日から」を推進する企業はすでに Kofax のインテリジェント・オートメーションを活用しています。

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)

日常業務や繰り返し作業を確実に自動化します
Kofax RPA

コグニティブ・キャプチャ

どのようなチャネルや形式からもあらゆるドキュメントや情報を取り込んで理解します
Kofax TotalAgility

プロセス・オーケストレーション

様々なアクションやユーザー、ソフトウェアロボット、ポリシー、システムをオーケストレーションして大きな成果を実現します
Kofax TotalAgility

高度な分析

情報を可視化するとともに、プロセスインテリジェンスを活用して、顧客、従業員、ロボット、ビジネスパートナーに関するインサイトを獲得します
Kofax Insight

可動性とエンゲージメント

電子署名、顔認証、オンデマンド通信により、信頼性の高い方法で、顧客とのコミュニケーションや取引を効率的かつ効果的に実施します
Kofax Mobile Capture
Kofax Communications Manager
Kofax SignDoc


Kofax のインテリジェント・オートメーションの詳細はこちらをご覧ください。

データシートを見る