Model.ShowBackToRefferer = false

Kofax のインテリジェント・オートメーション・プラットフォームが唯一コグニティブ・キャプチャ機能を
搭載、顧客によるドキュメント・インテリジェンスや情報インテリジェンスの活用を実現

※本プレスリリースは2020年7月16日に米国カリフォルニア州アーバインで発表したプレスリリースの日本語訳です。

米国カリフォルニア州アーバイン、2020 年 7 月 16 日 – デジタル・ワークフローのトランスフォーメーションを実現するインテリジェント・オートメーション・ソフトウェアのリーディングサプライヤ、Kofax® は本日、IDC 社のレポート『Worldwide Capture Applications Market Shares, 2019: Continued Transition to Cloud Services(英語)(2019 年世界のキャプチャアプリケーション市場シェア:クラウドサービスへの継続的な移行)』(文書番号 US45393420、2020 年 6 月)で 1 位を獲得したことを発表しました。構造化情報と非構造化情報を実用的なデータに変換するうえで欠かせないキャプチャ機能は、デジタル・ワークフローのトランスフォーメーションを成功させる鍵となります。そのため、今回の順位は非常に大きな意味を持ちます。

Kofax ranked #1 for Worldwide Capture Applications 2019 Market Shares

「現在進められている開発と、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みの拡大が、キャプチャ・テクノロジーの重要性を再認識させる主な要因となっています。デジタル・トランスフォーメーションの取り組みによって、キャプチャ・アプリケーションがフロントオフィスにも導入されるようになりました」と IDC 社のコンテンツ・アンド・プロセス・ストラテジーおよびフューチャー・オブ・ワーク担当リサーチ・バイス・プレジデントである Holly Muscolino (英語)氏は述べています。「デジタル・トランスフォーメーションの実現を目指す組織は、構造化データと非構造化データをシームレスにキャプチャできなければなりません。キャプチャ分野における Kofax の圧倒的な市場シェアと、Kofax の統合されたオートメーション手法の組み合わせは、オートメーションの導入を推進する組織にとって非常に魅力的です」

IDC 社の調査では、2019 年のキャプチャ市場におけるベンダーシェアが報告されています。2019 年の世界のキャプチャ市場規模は 11 億米ドル(日本円で約 1,167億円、*2020 年 9 月 10 日付の円レート適用)で、その 33% を Kofax が占めています。同じ市場の他のベンダーに比べて 2 倍以上のシェアです。

キャプチャはよく知られたカテゴリーですが、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みによってコンテンツ中心のタスクとビジネスプロセスを自動化するニーズが高まっていることからその重要性が増しています。例えば、新規口座開設、請求書/買掛金自動処理、福祉手当受給申請、新入社員オンボーディング、患者入院手続きなど、キャプチャには様々な使い方があります。

コーディングがほとんどいらないインテリジェント・アプリケーション、高度な人工知能、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)組み合わせた Kofax のソリューション (英語)により、ビジネスユーザーは他には類を見ない手法でフロントオフィスとバックオフィスにキャプチャを展開できます。自然言語処理と機械学習のアルゴリズムが組み込まれているため、複雑なコーディングやサードパーティのアプリケーションなしで、フロントオフィスとバックオフィスのワークフローからドキュメント・インテリジェンスを取得できます。

「世界中の組織がミッションクリティカルな金融、顧客、業務の各ワークフローのデジタル・トランスフォーメーションを実現して顧客体験の強化に力を入れているこの重要な時期に、IDC レポートの 2019 年度世界キャプチャ市場シェアで 1 位を獲得することができました」と Kofax の最高戦略責任者(CSO)である Chris Huff (英語)は述べています。「コーディングがほとんどいらないインテリジェント・アプリケーション、高度な人工知能、RPA を組み合わせて効率の向上、成長の推進、ビジネスレジリエンスの強化ができるのは、Kofax だけです」

Kofax について

Kofax のテクノロジーで実現する企業組織の「Work Like Tomorrow™(未来の働き方を、今日から)」Kofax のインテリジェント・オートメーション・ソフトウェア・プラットフォームは、情報集約型のビジネス・プロセスの変革、手作業とエラーの削減、コストの最小化、顧客エンゲージメントの向上を支援します。RPA、コグニティブ・キャプチャ、プロセス・オーケストレーション、モビリティとエンゲージメント、分析を一つのプラットフォームで統合することでお客様の実装時の負担をなくし、コンプライアンス・リスク面も軽減することで、お客様の競争力、成長、収益性を向上させる劇的な結果をもたらします。詳細については、www.kofax.jp をご覧ください。

 

© 2020 Kofax, Inc. KofaxはKofax Limitedの登録商標です。
出典:KOFAX

報道関係者のお問い合わせ先:
Kofax, Inc.
Public Relations Director
Amanda Ingalls
TEL: +1 (949) 783-1595(米国)
Email: amanda.ingalls@kofax.com

July 16, 2020