Model.ShowBackToRefferer = false

新しい自然言語処理(NLP)および機械学習(ML)で業務自動化時のデジタル・デクステリティを実現

※本プレスリリースは2019年11月12日に米国カリフォルニア州アーバインで発表したプレスリリースの日本語訳です。

エンドツーエンドのビジネス・プロセスを自動化し、デジタル・トランスフォーメーションをもたらすインテリジェント・オートメーション(IA)・ソフトウェアのリーディング・プロバイダであるKofax®(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Reynolds C. Bish、日本法人:Kofax Japan株式会社、代表取締役社長:荒川 勝也)は、業界をリードする同社のIAプラットフォームの最新版を発表しました。このプラットフォームの特許技術は、センチメント分析およびエンティティ抽出のための自然言語処理(NLP)を伴う拡張人工知能(AI)および機械学習(ML)を活用しています。センチメント分析において、メール、法律文書、SNSの投稿、顧客サポートに関する問い合わせを含む非構造化コンテンツの情報から意図と感情を理解できるようになり、またエンティティ抽出では、非構造化コンテンツから「人、場所、物」を簡単に見つけることが可能になります。

Kofaxの最高戦略責任者(CSO)であるChris Huff(クリス ハフ)は、次のように述べています。「NLPとMLが本プラットフォームでネイティブに提供されることで、Kofaxのお客様は、非構造化コンテンツを自動化された方法で理解し、価値を引き出して次の最適な行動を判断することで、より迅速に価値を実現できます。構造化および非構造化データを処理し、意図とセンチメントを理解する新しいAI機能を採用することで、Kofaxは企業があらゆるタイプのコンテンツからより多くのインサイトを収集し、顧客のニーズに迅速に対応し、より良い体験を提供するという点で傑出した存在なのです。」

企業は、膨大な量の非構造化および半構造化された情報を処理する上で、多くの課題に直面しています。情報源が文書、メール、チャットボット、またはSNSの投稿のどれであっても、これらのテキストベースのコミュニケーションを読み、解釈するには手作業が必要となります。KofaxのAI搭載インテリジェント・オートメーションを利用すると、企業はこれらの課題を克服し、自然言語テキストベースのアセットからリアルタイムで貴重な情報を抽出することができます。結果的には、従業員全体の生産性と効率が大幅に向上し、人の介入を要さずに顧客体験向上の貴重なインサイトが提供され、企業の競争力向上につながります。

高度なセンチメント分析とエンティティ抽出を業務プロセスに組み込むことでKofaxのIAプラットフォームでは以下が実現できます。

  • 顧客サービスと顧客ロイヤルティの向上
  • SNSのトレンドおよび顧客の意見のモニタリング
  • テキストベースのアセットの検索、分析、解釈
  • 意図をより深く理解した上での意思決定の強化

Kofax IAプラットフォームは下記の幅広い機能を備えています。

  • AIがドキュメントに含まれる人やデータを自動的に認識し、コミュニケーションの裏側にある意図を理解してナレッジセンターにアクセスすることで、より優れた意思決定を実行
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)でルーティン化した反復作業を高い信頼性で自動化
  • コグニティブ・キャプチャで、チャネルや形式を問わず、あらゆる文書を取得して理解
  • プロセス・オーケストレーションでは、複数のアクション、人、ソフトウェアロボット、ポリシー、システムを連携させることにより成果を創出
  • 高度な分析により、可視化、プロセス・インテリジェンス、そしてインサイトを顧客、従業員、ロボット、およびビジネス・パートナーに提供
  • 可動性とエンゲージメントでは、電子署名、顔認識、オンデマンド通信により、効率的、効果的、かつ信頼性の高い方法での通信と取引を実行

Kofaxは、顧客およびパートナーの体験を強化するためにさらに広範なエコシステムも提供しています。Kofax SmartHubマーケットプレイスには、事前構築済みのロボット、テンプレート、ワークフロー、スクリプトおよび本格的なソリューションが含まれています。これにより、容易にオートメーションを導入していただけるほか、Kofaxのテクノロジーを迅速に活用していただけます。

ハフは、次のようにも述べています。「従業員は、ルーティン化した業務の代わりに、KofaxのIAプラットフォームが提供するインサイトや結果に集中することによって、より重要な役割を果たし、今後の業務においてより大きな目的を見出せるようになるでしょう。ルールベースの自動化を補完するAIテクノロジーへの当社の投資は、真のデジタル・トランスフォーメーションを大規模に実現するために当社の経験や信頼性を信じて頂いた2万5,000社以上のお客様に対して成果をもたらしています。」

 

Kofaxについて

Kofaxのソフトウェアを使用することで、企業は『明日』のワークプレイスを実現できます。 Kofaxインテリジェント・オートメーション・ソリューションは、企業が情報集約的なビジネス・プロセスを変革し、手作業とミスを減らし、コストを最小限に抑え、顧客エンゲージメントを向上するよう支援します。私たちはRPA、コグニティブ・キャプチャ、プロセス連携、分析機能、コミュニケーション、デジタル署名機能、専門サービスを1つのソリューションに統合しています。これによって、システムの実行や拡張が容易になり、コンプライアンスのリスクを緩和し、競争力、成長、収益性を高める目覚ましい結果を迅速に生み出すことができます。
Kofaxは、金融、保険、政府、ヘルスケア、サプライチェーン、業務プロセス・アウトソーシングなどの市場で、25,000社以上の顧客に対して優れた投資対効果(ROI)を提供してきました。Kofax は、南北アメリカ、EMEA、アジア太平洋地域の60以上の国において、直販、サービス・プロバイダ、そして850社以上のチャネル・パートナーを通じて、ソフトウェアとソリューションを提供しています。
詳しくはwww.kofax.jp および www.kofax.com をご覧ください。

© 2019 Kofax, Inc. KofaxはKofax Limitedの登録商標です。
出典:KOFAX

報道関係者のお問い合わせ先:

Kofax, Inc.
Amanda Ingalls
TEL: +1 (949) 783-1595 (米国)
Email: amanda.ingalls@kofax.com

株式会社日本パブリックリレーションズ研究所
Kofax広報担当: 池田/リットウィン
TEL: 03-5368-0911 (代)
Email: kofax@japan-pri.jp

November 13, 2019