Model.ShowBackToRefferer = false
29 結果

https://rpatimes.jp/rpa/knowledge/7317/

今回はRPAに続く、IA(インテリジェント・オートメーション)という新たな概念で、世界の多くの企業において業務自動化を牽引するKofaxについて紹介します。

https://it.impressbm.co.jp/articles/-/19168

国内では業務部門や事業部門など利用部門主導で導入されることが多いRPAだが、導入が進むにつれ「思ったように適用範囲を広げることができない」「個別導入を放置して野良ロボットが増えている」などいくつか課題も現れている。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58612

米国発のIA(インテリジェント オートメーション)プラットフォーマーとして、これまで世界で2万5000社にソリューションを実行してきたKofax社が、いよいよ日本への注力を加速。

https://rpa-bank.com/report/26780/

エンドツーエンドのビジネスプロセスを自動化し、DX(デジタル・トランスフォーメーション)をもたらすIA(インテリジェント・オートメーション)。そのリーディングカンパニーであるKofaxによる会見が、2019年11月13日に行われた。

https://www.keyman.or.jp/kn/articles/1911/22/news012.html

インテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つKofaxが、同社のIAプラットフォームの機能強化と日本市場における戦略を発表した。他社のRPA製品とは何が違うのか。

https://japan.techrepublic.com/article/35145359.htm

RPAソフト「Kofax RPA」などで構成されるプラットフォーム「Kofax IA」の最新版では、自然言語処理を用いた感情分析と実体抽出で、非構造化のドキュメントから意図と感情の理解が可能になるという。

https://enterprisezine.jp/article/detail/12593

「RPA導入は進んだが、部門ごとの分断化など課題が多い。より包括的なソリューションが必要だ」と語るのはKofaxのレイノルズ氏。ドキュメントや電子データの処理などのキャプチャ市場で高いシェアを築いてきたKofaxが、日本市場での展開を加速させようとしている。同社の提唱する「インテリジェント・オートメーション・プラットフォーム」に関する会見の内容をお届けする。

https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1218470.html

来日した米Kofaxの最高経営責任者(CEO)、レイノルズ・C・ビッシュ氏は、「当社が提供するインテリジェント・オートメーション・プラットフォーム(IAプラットフォーム)は、あらゆるコンテンツ、ドキュメントを迅速に処理し、理解するとともに、全社規模で一貫した効率的なプロセスを構築する。真の意味でのデジタルトランスフォーメーション(DX)が実現できる」とアピールした。

https://rpatimes.jp/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/6234/

2019年11月13日、東京都千代田区丸の内にあるパレスホテル東京にてKofax社の記者会見が行われ、RPAを含むインテリジェント・オートメーション・プラットフォームの強化が発表されました。

https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18837

IAは、人が介在する業務プロセス全体の自動化を、最新のデジタル技術などの組み合わせによって実現する手法。キャプチャソフトのリーディングカンパニーであるKofaxは、「RPA」「コグニティブキャプチャ」「プロセスオーケストレーション」「可動性とエンゲージメント」「分析」で構成されるIAプラットフォームを提供している。


ページ Of 3