Microsoft

Microsoft 製品向け Capture Enabled BPM ソリューション

Microsoft のグローバル ISV パートナーかつ認定ゴールドパートナーである Kofax が提供する Capture Enabled BPM プラットフォームは、SharePoint、Office 365、および Dynamics CRM との緊密な統合を実現しています。 また、Windows Azure プラットフォームを使用したクラウドベースのサービスも提供しています。

Microsoft SharePoint

Microsoft SharePoint

Microsoft® SharePoint® は、エンタープライズのコンテンツ管理、記録管理、コラボレーション、およびワークフローの諸機能を単一のプラットフォームで提供します。 このプラットフォームを最大限に活用するためには、さまざまな発生源からのコンテンツを取り込み、それを迅速、かつ手作業による処理を最小限に抑えるかたちで、直接 SharePoint に送ることが必要となります。 Kofax の Capture Enabled BPM(キャプチャに対応した BPM)ソリューションは、あらゆるキャプチャニーズに応えられるように SharePoint の機能を拡張し、重要なビジネス情報を迅速かつ簡単に企業全体で利用できるようにします。

Kofax は、紙媒体、電子媒体を問わず、あらゆる種類の情報をキャプチャして、Microsoft SharePoint や Office 365 に配信します。

Kofax は、情報をその発生時点で、精確かつタイムリーに、費用効果の高い方法でキャプチャします。対応するデバイスも、業務用スキャナ、デスクトップ用スキャナ、複合機 (MFP)、スマートフォン、タブレット、電子メール、さらには SMS や MMS メッセージなど、種類を問いません。

Kofax 製品の自動処理機能により、キャプチャした情報はドキュメントの種類に従って自動的に分類され、情報を抽出してデータに変換した上で、その情報が正しいかどうかの確認も行います。 これらの一連の処理には、手作業による介入をほとんど、あるいはまったく必要としません。 こうして得られたドキュメントとデータが SharePoint に配信されると、そこでフォーマット化された情報として使用され、それを元にビジネスルールやワークフローが開始されます。 このようにして取り込まれる情報とデータの精度と品質が高まるため、それ以降のビジネスプロセスの精度の向上をもたらします。 自動処理はコストと処理時間を低減させ、手作業が減ることによってミスも少なくなるため、コンプライアンスの改善とリスクの低下にもつながります。 さらに、蓄積された知識を活用することでより良い意志決定が可能となり、データマイニングやビジネスインテリジェンスの質を向上することにより、組織にこれまで以上の価値をもたらします。

いったん情報が安全かつ精確に SharePoint に配信されれば、後は Kofax TotalAgility によりビジネスプロセス全体を管理し、開始から完了までのプロセス全体を自動化することができます。

Microsoft Office 365

Office 365

Office 365 は、クラウドのサブスクリプションサービスとして提供される Microsoft の生産性とコラボレーションツールであり、SharePoint も含まれています。

現在お使いの SharePoint や Exchange のすべてまたは一部をクラウドに移すことを検討されているお客様は、Office 365 の導入によって最大の価値を引き出すことができるよう、Kofax がお手伝いいたします。 Kofax 製品を使って情報をキャプチャし、キャプチャされたコンテンツから情報を抽出して、Office 365 やSharePoint に動的に配信することができます。 この場合、送り先の SharePoint 側で事前に何か決定したり、設定を行う必要はありません。 クラウドであれオンプレミスであれ、情報とコンテンツはその内容を基づいて適切な場所に、適切なタイミングで配信されます。

Windows Azure

Microsoft Azure

Microsoft Azure はオープンで柔軟性のあるクラウドプラットフォームであり、99.5% のアップタイムを提供します。Microsoft Azure を利用することにより、Microsoft 社が管理するグローバルなデータセンターネットワークを通じて、アプリケーションの構築と配備を迅速に行うことができます。

Kofax が提供する情報の「発生時点」でのキャプチャでは、モバイルキャプチャやクラウドコンピューティングサービスによるキャプチャが可能であり、Microsoft Azure や Windows Phone を有効に活用することができます。 Kofax は、Azure を弊社の モバイルキャプチャ ソリューションの一環として利用しており、モバイルキャプチャサーバーだけでなく、業界をリードする弊社の画像補正テクノロジーである VRS のインスタンスも Azure フレームワーク内でホストしています。 これにより、世界中のどこからでも、モバイル機器を使って Kofax のモバイルキャプチャと先進的な画像補正機能にアクセスすることができます。 将来的には、Azure でのホスティングサービスをさらに追加する予定です。

Microsoft Dynamics

Microsoft Dynamics

Microsoft Dynamics AX は、エンタープライズ向けの完全な ERP ソリューションであり、会計管理、人事管理、運用管理のための包括的なコア ERP 機能を備えるとともに、5 つの業界別に特化した土台を提供します。 Microsoft Dynamics AX では、豊富なコア機能セットに、エンタープライズリソースプランニング(ERP)のための革新的なアプローチが結合されています。

TotalAgility は、案件処理、ワークフロー設計、パフォーマンス管理、ポリシーとルールの管理、コンテンツの生成と処理、リソース管理、シミュレーションと最適化などへのサポートを通じて Dynamics CRM の諸機能を拡張し、Dynamics を使用したエンタープライズクラスの BPM およびダイナミック案件管理ソリューションに対するトップレベルのサポートを提供します。

Customer Success

顧客の成功事例

これまでに多種多様な業種のお客様が、Kofax のSharePoint 向けソリューションを活用されています。 これらのお客様は、エンタープライズキャプチャを全社的ソリューションの一環として位置付けることにより、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)環境における時間とコストの節減を達成しています。 続きを読む...

  • Kofax ソリューションの新しい導入事例:Twinings Tea は、世界の 100 以上の国々で、200 種類以上の紅茶を販売する国際的な組織です。 会社の規模拡大に伴い、人事および財務部門において取り扱うドキュメント量が増大し、これらを安全に管理、保存する必要性が発生しました。 同社では、物理的なファイリングへの依存を減らし、データが組織内に入った時点ですぐにスキャンできるようなドキュメント管理システムへのアップグレードが必要であると判断されました。 当時の同社のシステムはすでに時代遅れで、紙の書類が中心であり、コストと時間がかさむものとなっていました。これを、紙への依存を減らし、業務の全体的な処理スピード、効率、コントロール、および品質を改善するという課題を克服する必要がありました。 Twinings Tea 社では、Microsoft SharePoint 2010 を社内のイントラネットおよびドキュメント管理システムとして配備し、これに Kofax Caputure および VRS を統合することにより、社内に入ってくる膨大なデータを簡単かつ効率的にキャプチャし、保存と検索ができるようにしました。 Kofax と SharePoint を結合したソリューションにより、ドキュメントは特定、分類された後、中央管理されたストレージプラットフォームに転送されます。これにより、物理的な保管スペースが少なくて済むようになりました。 また人事や財務部門の担当者は、従来は何時間も、ときには何日もかかっていたドキュメントへのアクセスが、このプラットフォームを使えば、どこにいてもほんの数分でできるようになりました。
  • Kofax ソリューションの新しい導入事例:ブリストル大学は、公共的研究機関として世界的に有名なイギリスの大学です。 英国国境局による新たな規制と、海外からの留学生の急速な増加に対応するため、同大学では新しいソリューションを模索しました。それは、ドキュメントをスキャンしてインデックス化し、それを SharePoint に取り込むことができ、かつニーズの増減に対応できることが求められました。 法的コンプライアンスを満たすこの自動化ソリューションの実現のため、同大学は、Kofax Capture、Kofax Epress(VRS バンドル)、および SharePoint の導入を選択しました。 現在、ブリストル大学では迅速なドキュメント処理が可能となり、従来にくらべて正確さとコントロールの度合いも向上しました。コストが低減し、職員の満足度も改善されています。 とりわけ、完全に自動化されたソリューションは、第一の目的であった英国国境局の要求に対するコンプライアンス達成を実現しました。
  • Kofax ソリューションの新しい導入事例:Alegri International は、ドイツに本社があるトップクラスの IT コンサルティング会社で、特に Microsoft SharePoint を専門分野としています。 Kofax リセラーの一員であると同時にエンドユーザー顧客でもある同社の目標は、キャプチャを中心としたプロセスの自動化により SharePoint の機能を拡張し、全社的な効率化をさらに推進することです。 Alegri 社は、Kofax Capture と Kofax Transformation Modules を用いて、主要部門のうち人事/給与情報および買掛金/請求処理の二つを自動化しました。その効果は即座に現れました。 請求処理に要する時間は従来の 1 ~ 3 日から 3 ~ 5 分に短縮され、従業員は SharePoint により自分の給与情報にいつでもアクセスできるようになりました。 Alegri 社は現在、順調に効率的な成長を続けるとともに、顕著な成功の実例として、同社の顧客にもメリットを提供して
  • Kofax ソリューションの新しい導入事例: Cornerstone は紙媒体のコピー記録の保管と管理、ドキュメント廃棄、電子媒体アーカイブ、その他の関連サービスのリーディングカンパニーです。 同社はそれまでの地域レベルのビジネス範囲を全国レベルに展開するにあたって、Kofax Capture、富士通製スキャナー、Kofax' Atalasoft DotImage viewers、SharePoint 、およびサードパーティのホストされたソリューションを導入しました。 ソリューションセットの組み合わせにより、Cornerstone 社はそのビジネスサービスポートフォリオの拡張に成功し、物理データの保管/廃棄、仮想デジタル化、セキュアホスティングのフルサービスを行うプロバイダとして全国レベルの躍進を続けています
  • ウェスタン・ケープ大学 では、過去と現在にわたる 6 万人近くの学生の記録(膨大な数の名簿です)を管理しており、しかもそれを手作業でやるというのは信じがたいことです。 しかしそれが、2011年の半ばに統合ドキュメント管理ソリューションに切り替えるまでの、ウェスタン・ケープ大学(UWC)の実情でした。この切り替えは直ちに生産性と効率の改善をもたらしました
  • British Waterways 社では、同社のドキュメント自動化ソリューションに Kofax Capture と Kofax VRS を取り入れることで、年間 1,500 万ドルの経費削減を達成しています。Sharepoint ソリューションは British Waterway 社の 11 拠点を超える事業所に拡大展開されました。さらには、サーバ機能の統合により何十万ものドキュメント管理と保存ができるようになっただけでなく、ERP システムに取り込むメタデータの抽出といったドキュメントに関連するビジネスプロセス活動が可能になりました。これには、Kofax の技術が大いに貢献しています
  • Star Cruises は世界規模で展開する客船会社ですが、Kofax Capture を利用して年間約 45 万人分の従業員応募用紙、契約書および関連従業員記録を取り込み、抽出、分類を行った後、それらのドキュメントを Sharepoint のリポジトリに配信しています。
  • Mercy Housing は住宅支援を行う非営利組織で、Kofax Transformation Modules を利用して、請求書や公共料金をはじめとするさまざまな会計書類のデータ取り込み、抽出および確認を行い、各ドキュメントを ERP システムや Sharepoint に配信しています。
  • Private Client Resources は金融情報サービス会社で、Kofax Capture と Kofax Transformation Modules を利用して、投資会社各社をはじめとする複数の発信元から受信するデータを取り込んで抽出した後、独自システムと Sharepoint のアーカイブに転送しています。これにより、データスループットが 75% 向上しています。
  • Raymond James Financial はワールドワイドの金融サービス企業です。900 以上の独立のプランナーやエージェントのネットワークから、Kofax Capture を利用して顧客記録、新規口座情報、契約書および関連ドキュメントを取り込み、そのデータを Microsoft Sharepoint を含むエンタープライズコンテンツ管理 (ECM) システムに配信しています
  • The Colorado Housing & Finance Authority は公的融資機関であり、Kofax Transformation Modules を利用して融資書類の分類と仕分けを行った後、独自の ERP システムと Microsoft Sharepoint に配信しています

数多くの実証された Kofax 製品が、Microsoft ベースのソリューションのニーズに対応します。

Kofax Capture は、各種文書や帳票などを収集し、正確で検索可能な情報に変換して、それを Microsoft SharePoint その他の業務アプリケーションやデータベースに送信します。

Kofax Mobile Capture は、スマートフォンやタブレットコンピュータのためのキャプチャに対応した BPM の諸機能を使用可能にします。 このソリューションでは、ユーザーはスマートフォンやタブレットに付いているカメラを用いて文書の画像、写真、音声、ビデオ、データなどをキャプチャし、その内容を Kofax ワークフローに送ります。ワークフローはそれを企業のアプリケーションやリポジトリに入れて管理します。

Kofax Transformation Modules は、ドキュメントの分類、仕分け、データ抽出を自動化することで、各種ビジネス文書の定型電子情報への変換を合理化します。これにより、Microsoft アプリケーションでの取引処理を開始してデータを配信することができます。

Kofax Express は、Microsoft Office SharePoint と接続することができるので、誰でも簡単にドキュメントをスキャンし、整理して SharePoint ドキュメントリポジトリに保存することにより、文書の保管、記録保持、廃棄処分を行うことができます。

Kofax Communication Server は、Microsoft Exchange を含む送受信チャンネルを統合することにより、自動化された情報交換を連携し、実行します。

Kofax TotalAgility™ は、BPM およびダイナミック案件管理プラットフォームを提供し、こらによるプロセス管理の改善を通して、組織の機敏性を高め、収益を顕著に向上させします。

お問合せ

ごお問合せ前に特徴や機能、システム要件、関連製品のバージョンや価格について詳しい情報が必要ですか?