医療

キャプチャ対応 BPM を使用して、コストを削減するとともに、医療の質を高める

現在、世界中の医療機関は、かつてない緊急の課題に直面しています。すなわち、医療のコストを削減しつつ、同時に医療の質を高めなければなりません。 この一見矛盾するような目標を達成するための鍵は、紙のドキュメントとそれをベースにした処理の廃止です。 紙ドキュメントの印刷、発送、保管、検索は、単にコストがかかるだけでなく、リアルタイムの情報にアクセスし共有することを不可能にし、その結果、十分な情報に基づいた診療ができなくなります。

Kofax のソリューションを導入することにより、医療機関は文書を中心としたビジネスプロセスの自動化が可能になります。すなわち、すべての診療情報、患者情報、および会計情報は、その発生時点で取り込まれ、実際に使える情報に変換されて必要な診療部門に送られます。しかも、これらの処理はセキュアで監査可能な方法で行われます。 医療機関は、社会保障カード、手続書類、申請書、電子注文書、請求書、レポート、チャート、MRI 画像、心電図、エックス線画像など、あらゆる種類のドキュメントを取り込んで処理するための一元的なプラットフォームを使用できます。

業務の効率化

すべての診療情報、患者情報、および会計情報を自動的に取り込んで分類し、処理可能な情報として必要な診療部門に

電子診療記録への移行

診療情報の取り込み、データ変換、データ転送、および保管を行い、その有効な使用を可能にし、米国再生/再投資法(ARRA)の補助金申請にも活用できます。

運営コストと診療コストの削減

紙ドキュメントの取り扱い、搬送、保管の手間をなくし、サービス情報および会計情報を診療時点で利用可能にします。

診療における質の向上を実現

患者、看護師、医師がリアルタイムで電子情報を共有することで、より良い診療判断を下すことを可能にします。