ダイナミック案件管理

予測不可能なビジネスプロセスを効果的に管理することでサービスと業績を改善

ダイナミック案件管理は、協同的、動的でかつ情報集約的なプロセスです。外部のイベントによって実行され、その案件を取り扱う関連部署からの段階的かつ漸進的な対応を必要とします。

ダイナミック案件管理の特徴は、ほとんどのプロセスが作業者 (一般的に、情報労働者または知識労働者と呼ばれる) が対話的に実行され、実行期間が長く、複雑で、多くの場合予測不可能であるという点です。 通常のビジネスプロセスフローは発生時点で決まっていますが、案件管理プロセスフローはあらかじめ定義された経路通りに進まないため、予測ができません。 たとえば、患者記録、訴訟、および保険請求といったプロセスが挙げられます。

知識労働者の重要性を考えると、多くの組織にとって案件管理が重要です。 現在では、組織の労働力の 25% ~ 40% が知識労働者に分類されると考えられ、この割合は増加することが予想されます。 知識労働者は、組織の成功と成長に対して、きわめて大きく影響します。 多くの組織にとって最も重要なプロセスは、知的作業を伴います。このようなプロセスは高い価値を創出し、長期的な成功において重要な影響を及ぼします。

大企業と政府機関は、知識労働者の生産性を高めながら、新規の IT インフラストラクチャへの支出を抑制する必要性に迫られています。 重要な案件管理プロセスには、請求処理、新規顧客処理、症例管理、訴訟、クレーム処理、亡命および国籍処理などがあります。このようなプロセスでは、困難な目標であっても、それを達成できない場合には組織にとって重大な結果をもたらす可能性があり、案件を効果的に管理するためには高いコストがかかります。

ダイナミック案件管理は知識とプロセスを効果的に組み合わせ、定義や予測ができない案件に対応します。また、さまざまな技術を統合し、知識集約型プロセスを適切な方法でサポートします。

Kofax TotalAgility™ のダイナミック案件管理製品

  • シングルプラットフォームで、ビジネスプロセス管理とダイナミック案件管理の両方を提供します。
  • Forrester 社によって、案件管理分野における最高の製品として評価されました。
  • Microsoft Dynamics CRM、SharePoint、Exchange、および Lync の機能を統合して活用しているため、Microsoft 製品を使用している組織に最適です。