Kofax Web Capture

Web アプリケーションのための画像表示とスキャン。

Web ポータルによってキャプチャ機能をインターネットに拡張

Kofax Web Capture は、表示およびスキャン機能を備えた、強力な Web アプリケーションを作成するための包括的なツールキットを提供します。

ビジネスプロセス実行の迅速化、効率化、および能力向上に対する要求の増加に対応するために、Kofax Web Captureは、発生時点で文書を取り込む機能をインターネットに拡張します。

発生時点 (Point of Origination) における情報の取り込み

Kofax ソリューションは、発生時点 (Point of Origination) で情報を取り込めるため、業務で必要な文書を受領するまでの遅延時間を最低限に抑えることができます。 このため、顧客のニーズへの対応力が強化され、高い業績を提供するとともに、運用コストを最小化できます。

たとえば、住宅ローン会社の見込み顧客は、オンライン申請だけではなく、Web アプリケーションを使用して、直接重要な追加資料を取り込むことができます。 申請者は、スキャナや複合機を使用して、住宅ローン会社の Web ポータルサイトから直接、身分証明書や所得証明書など申し込み処理に必要な追加情報をスキャンしたり、電子データとして住宅ローン会社に提出したりできます。 これにより、書類の郵送やファクス送信が不要となり、住宅ローン申請処理時間が短縮されます。さらに、顧客のニーズを満たし、申請者にもより迅速に対応できるため、競争上の利点につながります。

Kofax Web Capture ツールキットアプリケーションでは、住宅ローン利用者は、書類を提出する前に、スキャン済みの文書の確認、ページの並び替えや回転、注釈の追加、情報の編集を行うことができます。 また、これらの機能を使用することで、住宅ローン会社からの追加資料の提出依頼など、後から文書を付け足す場合にも対応できます。

広範な適用範囲

Kofax Web Capture 技術の利点は、金融サービス業界だけではなく、文書の作成者が地理的に分散しているあらゆるプロセスに適用されます。たとえば、次の業界や業務でご利用いただけます。

  • 行政 (受給資格、許可申請、資産税評価など)
  • 保険 (新規契約、契約更新、請求など)
  • 採用応募、経歴審査、身元確認、住所確認
  • 金融サービス (ローン申請、新規口座開設など)、など

エンタープライズ製品との統合

Kofax Web Captureは、Kofax が提供するエンタープライズ型のキャプチャを中心としたビジネスプロセス管理プラットフォームと完全に統合されています。 この拡張性が高いエンタープライズ向けプラットフォームを活用することで、Kofax Web Captureに対応した Web ポータルで顧客が提出した文書から直接、正確ですぐに利用可能な情報をビジネスプロセスに送信できます。

ソフトウェア開発キット

Kofax Capture プラットフォームを活用しない、スタンドアロン型のイメージングアプリケーションを開発する必要のある開発者向けに、ソフトウェア開発キットを提供しています。 詳細については、こちらをクリックしてください。