Kofax AP Agility自動化機能

買掛金処理の業界リーダーが提供する請求書処理および買掛金処理自動化のベストプラクティス

買掛金 (AP) 処理自動化ソフトウェア

Kofax AP Agility 自動化機能では、AP 処理業務の全般を自動化することにより、可視性と効率性を高め、統制を徹底し、より良い資金管理を実現します。このソリューションは、業界最先端の情報キャプチャ機能を備え、請求書処理とデータ入力を自動化します。不一致があった場合の処理や解決、会計の詳細に関してのベストプラクティスワークフローが含まれるだけでなく、自社開発の ERP も含めたあらゆる ERP とのセキュアで信頼性の高い統合機能も提供されます。

請求書のスマートなキャプチャと検証

AP Agility 自動化機能では、あらゆる仕入先の請求書を効率的にキャプチャし、正確な請求書イメージをそれを必要とするすべての人に配信し、請求書に含まれる全情報を、自動処理に利用できるデジタル形式に変換します。

Kofax であれば、請求書が必ず正当な仕入先からのものであること、そして必ず正当な発注書に関連付いていることが保証されます。つまり、本当に正当な請求書を処理しているだろうかと不安に感じることはありません。さらに、Kofax のスマート請求書キャプチャは継続的な学習機能を備えているので、新規の仕入先や新しいフォーマットの請求書が発生しても業務が滞るようなことはありません。

ベストプラクティス AP 処理ワークフローと効果的な分析

AP Agility 自動化機能は、AP 処理ワークフローのベストプラクティスを一貫してすべての請求書に適用します。このため、総勘定元帳の記帳や確認、承認の作業が効率的かつ迅速になるだけでなく、それらを方針や手続きに則った形で行うことができます。 Kofax を使用することにより、AP 処理プロセスにかかわる担当者がセキュアかつ効率的に業務に参加できるようになります。多忙なマネージャーであっても、請求書の承認や問題の解決を、最適なモバイルデバイスから行うことができます。さらに、AP 処理業務の成果を効果的に分析することが可能になるため、ボトルネックを特定し、コスト削減の可能性を見出すことができます。

ERP 統合

AP Agility 自動化機能は、AP 処理プロセス全般にわたって既存の ERP と統合でき、セキュアで正確な処理をさらに迅速化することができます。ERP 統合フレームワークが組み込まれているため、どのような ERP を使用している場合でも AP Agility 自動化機能を容易に導入でき、AP 処理プロセスが現在のビジネス環境および技術的環境とシームレスに機能できるようになります。

Microsoft Dynamics AX 統合

AP Agility 自動化機能は、AP 処理全般にわたって Microsoft Dynamics AX と統合でき、セキュアで正確な処理をさらに迅速化することができます。Kofax が事前に作成して提供する統合機能により、AX の仕入先や発注書のレコードに照らして請求書を検証したり、買掛金処理を他の財務プロセスと同期させたりすることが可能になります。

AP Agility 自動化機能は Microsoft テクノロジーを基盤としているため、AX だけでなく、SharePoint、SQL Server、Exchange、Lync、Dynamics CRM とも統合できます。Kofax AP Agility 自動化機能は Windows Azure 上に展開できるので、クラウドベースの AP 処理を選択することもできます。

Microsoft Dynamics® AX 向け AP Agility 自動化機能

セルフサービスのサプライヤー・ポータル

Kofax SupplierExpress™ は、請求状況/支払状況の確認をウェブサービスを通じて行います。人手による高コストの買掛金情報の照会・請求書の処理プロセスを削減します。請求状況/支払状況は、事業部門マネージャーおよびサプライヤーに提供されます。買掛金部門には、事業部門、購買、ベンダー、従業員、会計、監査人、CFO(最高財務責任者)などの多数の主要な利害関係者がいます。彼らのニーズを満たす際、担当者は、多くの負担を強いられる場合があります。絶え間ない照会、交渉、情報の請求、およびエラーの修正により、買掛金管理の生産性が停滞する場合があります。AP Agility SupplierExpress™ は、買掛金管理関連作業へのウェブサービスを関係者へ提供します。

主なメリット

紙からの脱却

請求書や買掛金の処理において紙への依存をなくし、紙や印刷のコスト、人件費を削減します。さらに、正確な請求書イメージにだれもがアクセスできるようにすることで、「請求書を見る」という行為からの価値も維持します。

電子請求書への移行

請求書を複数の手段で提出できるようにサポートします。紙ベースの仕入先に、請求書の提出や処理を、より効率的な電子的手法に移行してもらうことができます。

統制と可視性

請求書の受領と AP 処理の最初から最後まですべてにわたって、統制を徹底し、可視性を確保します。監査証跡は自動的に作成されます。業務の統制が徹底され、問題は迅速に報告されます。

プロセスの迅速化

請求書の自動キャプチャ、期限に基づいて開始されるワークフロー、再入力の必要のない手法によって、買掛金処理業務の全般を迅速化します。

コストの削減

人手を必要とする処理を少なくし、承認プロセスを効率化することによって、請求書 1 件あたりのコストを削減します。

正確性の向上

請求書データのスマートキャプチャ、ERP との相互参照、マスターデータにより、エラーを徹底的に防止します。新規の仕入先の請求書フォーマットは自動学習されるので、生産性が低下することもありません。

資金の最大限の活用

早期支払や大きな割引の機会を見つけ出し、活用します。ERP での請求書の計上を迅速化します。

容易な使用と変更

ブラウザーベースのユーザーインターフェイスであるため、モバイルなどのさまざまなデバイスで生産性を維持できます。ワークフロー、業務の統制、ユーザー画面などの視覚的設計が最初から組み込まれており、プロセスを短期間で改善することができます。