Kofax MarkView for AP

トランザクション処理を最適化します。

Kofax MarkView® for AP (MarkView) は大規模な数百社の買掛金処理業務を自動化しています。このソリューションは、業界最先端の情報キャプチャ機能を備え、請求書処理とデータ入力を自動化します。不一致の処理や解決、会計の詳細に関してのベストプラクティスワークフローが含まれるだけでなく、SAP および Oracle E-Business Suite とのリアルタイム ERP 統合、仕入先向けのセルフサービスポータル、AP 処理プロセス最適化ダッシュボードも提供されます。

同種のアプリケーションでは唯一、そして初めて、MarkView 8.0 は iPhone および Android デバイス向けのモバイル機能までにソリューションを拡張しています。Kofax Mobile Capture™ (KMC) との統合により、企業の内部にいるユーザーも外部にいるユーザーも、請求書処理に必要な情報や機能に安全にアクセスできます。このため、AP 処理プロセス全般のセキュリティ基準を損なうことなく、請求書や受領書を迅速に処理することが可能になります。

モバイル機能を利用すれば、請求書処理機能にも財務やビジネスプロセスの情報にも、場所や時間をほとんど問わない直観的かつ安全な方法でアクセスできるようになり、基幹業務に携わる社員も経営幹部も、より迅速な対応を取ることが可能になります。会計共有サービスセンターでは、広範に及ぶ組織全体で MarkView を活用して、基幹業務と、地域の拠点やスマートフォンユーザーを統合できます。社員は、KMC で経費の領収書をイメージ化して、それを ERP の経費管理アプリケーションに送信できます。仕入先は、KMC によって、安全な記録管理機能と画質向上機能を通じて請求書をイメージ化してそれを企業に送信したり、確認済みの受領書を即時に安全に受け取ったりすることができます。今や、スマートフォンから得られるこうしたイメージが、請求書処理データの高品質なソースとなっています。

主なメリット

  • サイクルタイムの短縮 – 支払の迅速化は早期支払による値引きを可能にし、遅滞料金をカットできます。さらに仕入先が期限超過の請求書を再送することによって発生する重複支払のリスクも減少します。結果として、仕入先の満足度は向上し、キャッシュフローも最適化できます。
  • ドキュメントの紛失やファイリングミスの防止 – 請求書を直ちにオンラインに取り込むことで、紛失や、間違ったファイリングの恐れがなくなります。請求書のコピー、ファクス、再送などの作業も不要になります。
  • ドキュメントの送付および保管コストの削減 – 閲覧、承認のために請求書を送付する必要がなくなります。また、物理的に必要な保管スペースも少なくて済みます。
  • 生産性の向上 – 買掛金処理関連の請求書の準備や、管理者の承認、バックオフィスでの処理などにかかる時間を短縮し、効率性をアップします。

その他の MarkView AP ソリューションコンポーネント

Kofax MarkView Advisor

コアな財務機能すべてに対する可視性と統制。 詳細を見る

Kofax Supplier Express

仕入先と購入者双方のコストを削減するセルフサービス式の買掛金処理ポータル。 詳細を見る