Kofax Front Office Server

接客担当者が多様するハードウェアに Kofax Touchless Processing を拡張

オフィスオートメーション

Kofax Front Office Server では、複合機、ネットワークスキャナ、スマートフォン、およびタブレットなどのデバイスを使用して、迅速かつシンプルな方法でビジネスプロセスを開始できます。 この技術は、一般的なオフィスデバイスを Kofax Capture と Kofax Transformation Modules に接続することで、従来は本番環境でしか利用できなかった Touchless Processing 機能への直接アクセスを可能にします。 Front Office Server を活用すると、エラーが発生しやすいデータの手入力を廃止し、コンプライアンスを保証できます。同時に、時間とコストがかかる物理的な文書配布によるプロセスの遅延も削減します。 Kofax Front Office Server は、包括的な Point of Origination ソリューションのコアコンポーネントです。

主な利点

精度の向上と意思決定のスピードアップ

可能な限り早い段階で、高付加価値の意思決定を推進する最重要なデータを正確に、より多く取り込むことで、一般社員や管理者は、顧客、パートナー企業、およびサプライヤの要求に対して、かつてないほど迅速に対応できます。 最終的には、企業の業績と機敏性が大幅に向上します。

イメージングソリューションの価値と生産性の向上

統合キャプチャ機能では、複合機、ネットワークスキャナ、モバイルデバイス (スマートフォン、タブレット) などの汎用デバイスから、基本的なバックオフィスワークフローを開始できます。 このようなデバイスを戦略上の資産に変えることで、ビジネスプロセスを迅速化します。

コストの削減

各地に分散している組織の場合、文書を処理するために支店から本社に郵送する際のコストを大幅に削減できます。

競争上の差別化

各種機能を活用することで、支店でのセルフサービススキャンなど、革新的な新しいサービスを導入でき、 顧客満足度を高めます。また、セキュリティ、コンプライアンス、全体的な生産性を強化し、対応力の観点から他社との差別化を図ります。