Kofax Communication Server

ビジネスコミュニケーションソフトウェア

ビジネスコミュニケーション向上のためのソフトウェア/サーバ

Kofax Communication Server (旧 TOPCALL Communication Server)は、送受信それぞれの通信チャネルを統合することによって、顧客や取引先との自動データ交換を調整し、実行します。複合機(MFP)や電話などほぼすべてのデバイス、電子メール、ファクス、SMS(ショートメール)、MMS(携帯メール)、ボイスメール、テレックスといった各種メディア、およびSAP、IBM WebSphere MQ などの各種アプリケーションと Kofax ドキュメントキャプチャ各製品をリンクします。企業は、顧客やパートナーにとって最適な形式でデータ交換が可能になるほか、情報のインテリジェントな振り分けや追跡によってコンプライアンスにも対応します。

導入のメリット:

  • 統合ビジネスコミュニケーションシステムを通じたデータ交換により、特定機器の通信チャネル維持にかかる手間や費用を削減
  • 手作業が必要な業務を最小にとどめ、データ交換の速度や精度、確実性を向上
  • コンプライアンス規則に準拠した各種通信イベントの追跡
  • 業務ニーズに応じて通信チャネルの追加と多様化が可能

詳細

Kofax のビジネスコミュニケーション向けソフトウェア/サーバは、場所、機器、またはメディアの種類を問わず、自動通信機能をあらゆるビジネスプロセスに組み込みます。

お問合せ

特徴や機能、システム要件、関連製品のバージョンや価格に関する詳細情報についてご希望の方は、お問合せください。